12:31

SHIBUYA BLOG

レンタカーでの忘れ物

2019.10.21

気が付けば会社の平均年齢を超えていた、入社6年目のMです。

季節も変わり寒くなってきたこともあり、先日も実家に置いていた冬服を取りに帰りがてらドライブをしました。
途中買い物も済ませ自宅に寄り、荷物を全て下ろし無事にレンタカーを返却しました。
一点の忘れ物を除いて。

冬服と別に護身用で持ち帰った木刀を社内に忘れてしまったのです。

翌日すぐにレンタカーに電話し確認しました。

店員「はい、○○レンタカーです」
M「あ、あの、、昨日レンタカーを借りたMですが、車内に忘れ物をしてしまいました。。」
店員「忘れ物ですね!どのようなものでしょうか?」
M「・・・木刀です。(震え声)」
店員「・・?なんでしょうか!?」
M「木の刀の木刀です。。」
店員「・・・」
M「・・・」

こんな恥ずかしいやりとりを何度かして電話をきりました。
後日電話があり木刀も確認できたとのことで店舗に取りに行きました。
無論、恥ずかしさを消すためにそこそこ酔っ払った万全の状態で。

  M「あ、あのー先日、忘れ物でお電話したMですが。」
店員「あー木刀ですね!」 
 ※↑この時点で担当の店員半笑い。社内で話題になっていたのか後ろに座っていたスタッフもあいつか!?みたいな顔で軽く笑っている。
  M「は、はい。。すみませんお手数おかけして。」
店員「いえいえ!剣道か何かの帰りだったのですか?」
 M「いえ護身用で持ち帰ったんです。」
店員「護身用を忘れちゃだめですね!」
 ※↑店員笑いながら
M  「はい!そうですね!すみません!(なにをわろとんねん)」

いざ受け取り持ち帰るにしてもケースや包むものもないので木刀ありのままの状態で。
すれ違う通行人の9割は私を二度見したでしょう。

後日調べて分かったのですが、木刀を持ち歩いていると正当な理由がない場合であれば軽犯罪法1条2号にあたるそうです。
私は正当な理由しかなかった+警官に合わなかったので事なきを得ましたが、、

皆さんレンタカーでは借りた店舗ではなく乗り捨てされて違う店舗に車が行ってしますこともあります。
車内での忘れ物には気を付けてくださいね。