NAGOYA BLOG

FUJI Q

2018.11.30

こんちには。新人スタッフのUです。

入社して7ヶ月が経ちました。

あと数か月で後輩が入ってくる現実を知り、若干戸惑いを感じています。

 

先日、高校時代からず~っと行きたいと切望していた

富士急ハイランドへついに行ってきました!

 

という事で、

個人的に怖かったアトラクションベスト3をご紹介致します。

※あくまでも個人的感想です

 

第3位「高飛車」

 

高飛車とは落下角度121度のえぐるような落下をするジェットコースターです。

遠くから見てもとんでもないコースですね。

恐怖心と爽快感のあるとても楽しいコースターでした。

どんどんいきます。

 

 

 

第2位「FUJIYAMA」

FUJIYAMAは、まず高さ79mまで一気に上がります。

そして目の前に広がる富士山の全景。めちゃくちゃ綺麗!

しかしのんびり眺めている余裕はありません。

そこから一気に時速130キロで急降下。

そのあとは物凄いアップダウンが延々と繰り返されるのですが、

FUJIYAMAの何が怖いかというと、座席から腰が常に浮いているのです。。

そしてその恐怖が3分36秒続きます。

 

 

 

そして映えある第一位は。。。

 

「トンデミーナ」

 

 

トンデミーナは大型の円盤座席が回転しながらスイングする絶叫マシン。

「大空へ、トンデミ~ナ~」のアナウンスでスタートです。

振り幅が徐々に大きくなっていくのと同時に、恐怖心もゆっくりとゆっくりと、増していきます。

最大傾斜は120度。最高到達点から振り下ろされた時の速度は102km。

回転しているので、振り下ろされる時に下側へ向くことがあります。

この時が相当怖いです。102kmで地面に叩きつけらるような気分になります。

そしてそれを何度も繰り返されるのです。。

トンデミーナは自分で座席を選べるのですが、何席か「故障中」の貼り紙がされた座席もあって

その文字がまた恐怖心を煽りました。

絶叫大好きな私は楽しんでいたのですが、友人がトンデミーナに乗ってから絶叫恐怖症になり、それ以降は観覧車やボートなど、小さなお子様でも楽しめるアトラクションにしか乗せてくれませんでした。

ええじゃないか、レッドタワー等、他にも乗りたいアトラクションは山ほどあったので

私も懸命に説得したのですが、力及ばずです。

 

また再チャレンジしたいですね。

 

行ったことない方、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。