リアルとバーチャル(オンライン)を両立する時代へ

VIRTUAL EXPO/バーチャル展示会

バーチャル展示会はオンラインのバーチャル空間の中で自社の製品などを展示ができる新しいサービスになります。
今までのオンライン(ECショップなど)での情報提供は一方通行でした。しかしバーチャル空間ではコミュニケーションはアバター同士が声でコミュニケーション取れるため、自社スタッフがお客様とバーチャル上で会話でき接客が可能です。また自社の商品をウェブブラウザで紹介したり、動画で紹介したりなど簡易にウェブとつなぐことができるため、現実社会と同じ、もしくはそれ以上の商品プレゼンが実現可能になります。

“時間や場所、災害・天災の制約を受けにくい”

今一番問題なのは新商品の発表をしたいが展示会自体がが開催されるかどうかわからないこと。
バーチャル展示会ではオンラインで完結するため制約を受けにく安定しています。

“コスト軽減”

バーチャルの世界なので展示会会場費などのコストを抑え出展期間中の人件費、移動費宿泊費なども含めると大幅にカットができます。

“集客の幅がワールドワイド”

ネットに繋がっていれば遠方の方や、世界各国在中の方でも展示会に参加してもらうことも可能。

“潜在顧客のデータ収集が正確にできる”

参加者がどこを見ているかなどのホットスポット履歴を取集することが可能。顧客管理も最初からデータ化されているため名刺の管理などは不要になります。

SAMPLEはこちら

バーチャルショールーム360

バーチャルショールはショールームへ足を運べないような遠方に離れた方々がウェブブラウザから簡単に入り 気軽に自社商品を閲覧すること が出来るバーチャルスペースです。
ECサイトと大きく違うのはバーチャル空間から表現できるコンセプトワークが特徴です。 例えば自社製品が椅子などのだった場合、コストをかけてカタログを掲載するために場所を用意して撮影をしたり、ショールームなどを設け、多額 のコストをかけながら商品自体が一番映える空間を制作したりします。しかしバーチャルショールームであれば大幅にコストカットしながら商品展 示が可能ですし、ウェブカタログとしても活用できます。

“気軽に閲覧可能”

WEBベースなのでPC、スマホから気軽に閲覧が可能になります。

“コスト軽減”

バーチャルの世界なので賃料などのコストを抑え人件費も含め維持費を大幅にコストダウンできます。

“集客の幅がワールドワイド”

ネットに繋がっていれば遠方の方や、世界各国在中の方でも閲覧可能。

“潜在顧客のデータ収集が正確にできる”

参加者がどこを見ているかなどのホットスポット履歴を取集することが可能。顧客管理も最初からデータ化されているため名刺の管理などは不要になります。

SAMPLEはこちら

VR

「これは仮想か、現実か。 VR技術がひらく、新たな可能性のトビラ。」

ここ数年でVR技術は驚くほどの進化を遂げ、「今年はVR元年になる!」と各メディアで大きく取り上げられており、さまざまな業界から注目が集まっています。
その中でスペースラボでは、この技術にいち早く目をつけ、数年前から社内に専門の研究チームを発足。日本で数少ないパース専門の会社として培ってきたフォトリアルなCGパースの表現力を活かし、より高品質な3D空間での仮想体験を提供しています。

不動産 × V R

たとえば、1時間に10件、内覧することだって可能です。

賃貸物件を内覧できる件数は、移動時間などを考えると1 日に数件程度。物件にご案内したら「ちょっとイメージと違うのでやめておきます…」そんな経験も少なくないはず。そこで、このVR 技術の出番です。
店舗にヘッドマウントディスプレイとタブレット端末を整備し、抱えている物件データをVR 画像化することで、お客様は店舗にいながら、さまざまな物件を内覧することができるように! 室内の広さから奥行き、天井までの高さに至るまで、室内空間をリアルに体感することができるので、物件のイメージを高い精度で把握していただけます。

完成イメージは、想像する時代から、体感する時代に。

VR技術により、基本的に完成前には見学することができない「分譲マンション」や「分譲一戸建て」のバーチャル内覧体験が可能に!
さらにボタン一つで家具や照明、壁紙などを瞬時に変更させることもできるので、言葉や図面(or パース)だけでは伝わりにくかった完成イメージが具体的になり、よりお客様にわかりやすく伝えることができます。
VR技術を活用することで、お客様の納得のいく住まい選びをサポートするとともに、企業側にとっても効率性をUP させることも可能。今年に入り、大手ハウスメーカーが住宅展示場に出展しているホームギャラリーに、高画質VR技術を活用した営業ツールを導入するなど、VR技術の導入に踏み切る企業が急増しています。

シミュレーション

アングル・素材・照明など瞬時にシミュレーションすることができます。

※4K対応動画となります、動画再生時に『設定』→『画質』より画質を選択しご覧ください。

360°動画

PCでの閲覧の場合は、カーソルで360°自由に見渡すことができます。
モバイル端末でyoutubeの場合、端末を動かすと360°見渡すことができます。
また、Gear VRを使用しyoutubeでご覧いただくとバーチャルで体験することが可能です。

※4K対応動画となります、動画再生時に『設定』→『画質』より画質を選択しご覧ください。

商空間・ブライダル × VR

圧倒的な臨場感で、お客様に「感動体験」を提供する。

例えば、式場やチャペルが完成していない場合はもちろん、海外挙式など式場が遠方にある場合は、下見をすることって難しいですよね。人生において最も大切なイベントである結婚式。できることなら、自分の目で確認してから決めたいと思うのは当然のことです。
そんな課題も、VR 技術を使えば、時間や距離に関係なく下見ができることはもちろん、完成前の結婚式場をリアルに再現することが可能。テレビやパソコン画面上では伝えきることができない、会場の雰囲気、装飾や照明など当日の演出を伝えることができます。

シミュレーション

お花・クロス・家具など瞬時にシミュレーションすることができます。

※4K対応動画となります、動画再生時に『設定』→『画質』より画質を選択しご覧ください。

360°動画

PCでの閲覧の場合は、カーソルで360°自由に見渡すことができます。
モバイル端末でyoutubeの場合、端末を動かすと360°見渡すことができます。
また、Gear VRを使用しyoutubeでご覧いただくとバーチャルで体験することが可能です。

※4K対応動画となります、動画再生時に『設定』→『画質』より画質を選択しご覧ください。

VR WORKS

ask/ 1P

Category
House
Delivery
ask days
Details
3D Modeling / Rendering / Programming / UE4

ask/ 1P

Category
360°VR
Delivery
ask days
Details
3D Modeling / Rendering / Programming

ask/ 1P

Category
360°VR
Delivery
ask days
Details
3D Modeling / Rendering / Photo Retouch / Programming

90000/ 1P

Category
360°VR
Delivery
ask days days
Details
3D Modeling / Rendering / Photo Retouch

ask/ 1P

Category
Bridal
Delivery
1 Month -2 Month (ask) days
Details
3D Modeling / Rendering / Programming / 360setting